IRIMALL Petit Gallery No.012 (スペイン) イリモール・プチ・ギャラリー

IRIMALL イリモール


* IRIMALL Petit GALLERY イリモール・プチ・ギャラリー *

One point Photo Gallery ワンポイント・フォト・ギャラリー

トップに戻る to IRIMALL Top
browser IE recommended.
One-shot in the world. (No.012) 世界の寸景
・・ 古くて新しい町 首都マドリッド と 古都トレド
Spain (España) スペイン

* Madrid マドリッド * Gran Vía 繁華街 グランビア

標高 646mのマドリッドは、1561年に一時、首都になるが、遷都後、再び 1606年に首都なって今日に至る。路地で見られる窓辺には、かつて世界を支配したスペイン帝国 中世の名残を思わせる。
プラド美術館 (Museo del Prado) には、16世紀、17世紀のスペイン黄金時代バロックのエル・グレコ El Greco (1541-1614)、ベラスケス Velázquez (1599-1660)、スルバラン Zurbarán (1598-1664) の絵画、宗教画 (フラスコ画など)やロココのゴヤ Goya (1746-1828) の油絵などコレクションが多数展示されている。

* near the Palace (Palacio Real) マドリッド王宮 付近 *
王宮前では、マタドール姿のモデル撮影をしていた。

* Toledo 古都 トレド *

1561年まで、政治、文化、宗教などあらゆる分野の中心地であったトレドは、歴史的保存地区になっており、16世紀の姿のまま現存している。579年に、イベリア半島へ侵入してきた西ゴート族が、トレドを西ゴート王国の首都に定め、その後、回教徒、キリスト教徒、ユダヤ教徒が住み混合文化の町並みとなった。アラブの影響と土漠色の町は、砂漠の楼閣の様相を呈しているかに見える。

The old capital, Toledo

* The Outlook, The Bridge (Mirdor, Puente de Alcántara) トレドの展望とアルカーンタラ橋 *

トレド展望では、中央にカテドラル (Catedral) の塔が見える。
アルカーンタラとは、アラビア語でアーチや橋の意味。いたる所で、回教徒の文化が色濃く残っている。



プラド美術館別館に展示されていたピカソ Pabllo Picasso (1881-1973) のゲルニカ Guernica (1937)は、横 7.82m 縦 3.5m のモノトーン(実際は、グレーを基調としている色彩、油彩 画布)の戦争悲劇を抽象描写した大作だ。作品製作資料として、数多くのデッサン(下絵)も展示されており、パーツから一枚の絵にした過程を想像して見るのも、興味深い。 (作品は、1992年にプラド別館からソフィア王妃芸術センターに移設された)

Spain

Gallery Selection
ギャラリー選択

return to index


(C)copyrights 2001,2002,2016,2017 IRIMALL/T.Iriyama